乳山の刺繍工場

青島から車で高速走って5時間のところにある
乳山という町には
コード刺繍や、普通の刺繍などが専門の工場が沢山あります。
今回はハンカチの刺繍の依頼で二か所の工場へ。

f0351179_13190258.jpg

なんとも
牧歌的な雰囲気の地域でちょっとヨーロッパを思わせる、、遠めに見ていれば、、

まずカフェカーテンの工場の一つに。

f0351179_13284449.jpg

とっても人懐っこいシャーペイの子犬がお出迎え
これで、まだ子犬(笑)


f0351179_13284454.jpg
ちょっと熱烈歓迎すぎるけど、、💦

で、まずはとりあえずやっぱり会合にお食事は欠かせないので

f0351179_13310551.jpg
お昼からどどーんとこの料理
ただ、ここ乳山は港が近いので海鮮は新鮮で有名。
比較的全部美味しく頂けました。

しかし量は多い、こんなに昼から青島ビールなんか飲んで食べたら眠くなってしまいます。

f0351179_13135864.jpg
工場では依頼を受けたデザインを生地に刺繍していきます。

f0351179_13161357.jpg
沢山の色から選んで形にしていくのは決行神経を使い疲れます。
今回は指定した色が違っていて、やり直しの選択中です。

今度はオーダー通りにできるといいです。


カフェカーテンの製作風景もちらっと、、。


f0351179_13471727.jpg
パソコンでデザイン画を作っていきます。
その後すぐ横のさっきの機械で刺繍をしていきます。
その後は割と手作業が多いです。
f0351179_13160928.jpg
なんかこういう作業をしているところ見るの好きです^^


f0351179_13161299.jpg
機械刺繍の後、手直しや、ハンド刺繍のところはこうやって人が丁寧に作業しています。

f0351179_13161482.jpg
すごいスピードで縫い上げていきます。

f0351179_13161409.jpg
検品作業中
縫い目を整えていきます。

f0351179_13161052.jpg
わ~お(笑)出来上がったカフェカーテンの山

その横では
f0351179_13161096.jpg
アイロンを片っ端からかけていきます。

後は袋に詰める作業でおしまい。
f0351179_13471817.jpg
昔ながらのテーブルセンターなんかも受注されたとおりに仕上げていきます。

数ある工場の中でもかなりクオリティは高いほうだと思います。
ヨーロッパや、アメリカの物も多数扱っています。
ずーとみていたいけれど、時間がないので次の工場へ移動
隣町の威海という町にあるコード刺繍専門の工場へ。
f0351179_13135456.jpg
ここの社長さん。
ものすごくクリームシチューの有田さんにしぐさもそっくりで
物まねを見ているようで、ちょっと面白い、つい笑顔になってしまいます。
でも作るものはこれまた上質

f0351179_13185848.jpg
凄く綺麗な細かい刺繍がお得意の工場です。
f0351179_13185808.jpg
老舗のレースの物を数多く扱ってきた工場ですが、このところ
コード刺繍自体はあんまりニーズもなくなってきているので
少し転換時期になってきているようではあります。
ナチュラルなものが主流の今、本格的なものはむつかしい。。


ここ乳山の名前はどこから来たかというと、
f0351179_17112250.jpg
字のまんま^^
バストの様なお山が名前の由来。
乳山を見ながらまた五時間近くかけて青島事務所に戻ります。
ほんの何年か前までは高速なんてなかったし、舗装されてない道をガタガタバスに揺られて一日かけて
行くような感じだったそう。
田舎の方までも色々整備されて便利になってきています。
青島は綺麗な都会なので食べ物もいろいろ選べて楽しい。
今回は行きたかったお茶カフェも行けたので続きでちょっと紹介します。

Fu-no









名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by powanksyfu-no | 2017-05-15 17:29 | ハンドメイド | Comments(0)

古民家での犬と雑貨の風野な暮らし


by らんるる
プロフィールを見る