テディベアの話

勝手にテディベアのはなし。
熊のぬいぐるみをテディベアといいますが、名前の由来は、
セオドア・ルーズベルト大統領のテディという愛称からきています。
色んな説が言われていますが、熊狩りの時に、
仕留められず、お供が瀕死の雌熊を見つけ、とどめを大統領にすすめたところ
スポーツマンシップに反すると助けたことが新聞にのり、くまのぬいぐるみをテディベアと呼ぶようになったそうです。
その時の挿絵の熊を形にしたのが、この子たちです。
クリフォードベリーマンベア。
f0351179_15584807.jpg


その当時の記事の熊の挿絵は、見たところ小さいので子熊との説も。
なぜそれが、ドイツのシュタイフの熊のぬいぐるみのことも、総称してテディというのかも、
またいくつか説はあるみたいですが、その当時すでにシュタイフ社のぬいぐるみが
アメリカで広く広まっていたみたいですね。
地元ドイツより先にアメリカでブレイクしたそうです。

f0351179_16145560.jpg


もともとシュタイフといえば、マルガレーテ、シュタイフさんが、ゾウのフェルトの針刺しを作って売り出したのが始めです。
とても丁寧で、質が良いものだったそうですが、
粗悪品の物まね品がでまわり、それらと区別するために耳タグと、ボタンをつけるようになったそうです。
それが今は、ブランドになってコレクターに長く愛されて大事にされています。
一つ一つハンドメイドだから、同じ形でも、一つとして同じものはないのです。
なんだかいいなーって思います。

f0351179_16342308.jpg
fu-noのアクセサリーも一つ一つゆっくり丁寧に手作りしています。
手作り品って、なんだかあったかくて、上手に言えませんが、
いいなーってほんとに思います。
その感覚大切にしたいです。

f0351179_16250441.jpg

そうそう、以前、るるさんカラーのプードルのぬいぐるみはまだご縁がないと言っていましたが、
思い出しました。
奥の方に隠れていて忘れていました!
ちょっと色が薄ーくなってはいますが、黒プーにいっしょに並ぶことができました。
これでよろしいでしょうか?るるさん。。
f0351179_16292846.jpg




ご覧頂き有難うございました。
ブログの応援に下のボンゾー君をクリックしていただけると嬉しいです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by powanksyfu-no | 2014-08-19 16:43 | ハンドメイド | Comments(0)

古民家での犬と雑貨の風野な暮らし


by らんるる
プロフィールを見る
更新通知を受け取る